埼玉県内にある看護学校の偏差値・難易度

2021年における埼玉県内にある看護学校の数は合計で23校

埼玉の看護学校戸田中央看護専門学校

近年大学の医学部・歯学部・看護学部や看護専門学校を志望する学生が増えている2021年における埼玉県内にある看護学校の数は合計で23校専門学校の入試は全体的に大学と比べると設問の難易度は低い傾向

学校ごとの入試難易度の目安は大学や短大と同じように偏差値によって比較することができるので、専門学校の受験を予定している学生であれば自分の学力で合格できるかどうかを把握することができるでしょう。
2021年における埼玉県内にある看護学校の数は合計で23校で、これらの中には多くの受験生が入学を希望する人気校がいくつか含まれています。
専門学校の受験指導を専門に行っている予備校が学校ごとの入試偏差値を公表しているので、どれくらいの難易度なのかを知ることができます。
最新のデータによると偏差値が50を超えていて比較的難易度が高い学校は全体の4割を占めており、「さいたま赤十字看護専門学校」「埼玉県立高等看護学院」「西埼玉中央病院附属看護学校」「埼玉医科大学附属・総合医療センター看護専門学校」「さいたま市立高等看護学院」、などの学校が該当します。
これらの学校は国家試験の合格率が高かったり学費が安いなどのメリットがあるので、多くの学生の間で人気を集めています。
これらの人気校は受験者数が多いので倍率が高く、学力試験にパスすることができずに不合格になる学生も少なくありません。
これに対して県内の看護学校のうち約6割は偏差値が49以下であり、これは予備校などが実施する模擬試験の点数が平均点を上回っていれば50%以上の確率で合格できることを意味しています。
入りやすい学校には、「蕨戸田市医師会看護専門学校」「日本医科学大学校」「久喜看護専門学校」「秩父看護専門学校」「坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校」「本庄児玉看護専門学校」「深谷大里看護専門学校」「浦和学院専門学校」、などがあります。
入りやすい学校には本庄・深谷・秩父・久喜などのように大宮・与野・浦和などの都市部から離れた場所に立地しているもありますが、中には浦和や蕨などのように交通の便の良い場所にある学校も含まれています。